ご予算内で必ず良い音を手に入れるためには順序と製品選びが重要です。

N-WGNの前後スピーカーを交換、サブウーファー追加、更に簡易デッドニングまで行わせていただきました。

 

 

【交換・追加機材】

・前後スピーカー:ALPINE STE-G170C(7,500円)

https://www.alpine.co.jp/products/speaker/STE-G170C

 

・サブウーファー:ALPINE SWE-1080(18,000円)

 

お客様のご要望で、上記製品の新品お持込での取り付け依頼をいただきました。

 

GWなどの長期連休が近くなると、なんとなくお持ち込みでの取り付け依頼が増えて来る感じがあります。

 

でも当店は持ち込み作業のご依頼はOKですし、初回のお付き合いは工賃のお持ち込み割増もいただかずにご対応させていただいています。

 

 

今回お持ちいただいたスピーカーは、ツイーターがミッドウーファーに一体となっているコアキシャルタイプのため、ツイーターが別体の2wayスピーカーよりも高音域がリスニングポジションに到達しにくくこもりがちに聴こえやすいです。

 

もちろん純正スピーカーよりはクリアな音になりますが、最終的な仕上がりは当店がご提供したいサウンドのクオリティを実現しにくいので、特別な事情がない限りコアキシャルをおすすめすることはほとんどありません。

 

音質を重視するのでしたらフロントスピーカーはセパレートタイプにした方が結果は良好です。

 

今回はそのあたりをご説明差し上げて、少しでも結果が良くなるようにデッドニングもスーパーライトコースを追加してご予算内に収まるように仕上げました。

 

運転席下にサブウーファーも追加し重低音域までしっかりと鳴らせる環境になりましたので、純正ナビの調整機能を使いサウンドチューニングをしてお引渡ししました。

 

でもお客様の反応は、「うーん。。。」という感じで、【期待していたより】も残念な感じだったようです。

 

お持ちいただいた製品の性能をご予算内で発揮するべくご提案しベストを尽くしましたが、システムの性能の限界は超えられなかったようです。私も残念です、すみません。。

 

今回のケースでしたら、リヤスピーカーは手を入れず、フロントスピーカーを2wayにしてデッドニングをキッチリやる方向で仕上げられればご予算も有効に使えたかなと思います。

 

ご予算内で必ず良い音を手に入れるためには製品選びと優先順序が重要です。

 

当店では、どなたにも喜んでいただける分かりやすい【感動サウンド】をご提供するように心がけておりますので、オーディオ製品を入手してしまう前にぜひ一度ご相談いただけると「がっかり〜↓」が少なくできるかと思いますよ。

 

もちろんすでにお手元にあるパーツも、最大限の機能を発揮して感動サウンドになるようにご提案させていただきます。

 

※今回は記事はお客様の望んでいる完成度とコストパフォーマンスをご説明するための当店独自の見解となりますので、その点をご了解ください。

 

 

オートブラストはGW期間中も開けておりますので、お気軽にご相談においで下さい。

 

 

 

 

感動のカーオーディオサウンドをご提供するプロショップ

AutoBlast オートブラスト

MAIL : mail@autoblast.jp PHONE : 048-423-4765

オフシャルサイト : www.autoblast.jp
Facebookページ:https://www.facebook.com/autoblast.jp

オーディオカー販売サイト :http://e-carsearch.net/autoblast/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2019.04.27 Saturday




MENU

その他キーワードの検索
記事一覧



S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>